・明治時代の末頃、杉林を伐採した跡地に数十株のあやめを植えて茶屋を開いたのが始まりと伝えられ、現在に至るまで市民に愛される長井のシンボルとも言える「長井あやめ公園」。6月中旬から7月初旬にかけて、園内には500種100万本のあやめが咲き誇ります。園内には「長井古種」と呼ばれるこの地固有の品種があり、原種に近い江戸中期の花菖蒲の姿を今に伝える古系統の花を見ることができます。

・およそ340種、約6千本のバラが咲く「双松(そうしょう)公園バラ園」からは美しい米沢盆地を一望することができます。広さ8,000平方メートル、段丘を活かしたつくりの園内には芳香性の豊かな品種が多く、盆地から吹き上がる気流で、バラの香りが立ちのぼり、“香りのバラ園”として親しまれています。オールドローズの品種が多く、愛好家に人気です。

行程

乗降場所:新潟方面ルート

湯沢〜堀之内(6:00−7:30)/津南〜十日町(6:20−6:50)======<高速道路>======【昼食】上杉城史苑======【見学】長井あやめ公園======【見学】双松公園バラ園======【さくらんぼ狩り】石田農園(園内40分食べ放題)======【お買物・休憩】道の駅いいで めざみの里======<高速道路>======堀之内〜湯沢(20:25−21:55)/十日町〜津南(21:05−21:35)

食事:朝食 -/昼食 ○/夕食 -

貸切バス会社:昭和観光株式会社

現在ご予約は受け付けておりません

旅行代金はお一人様代金です。(消費税込)

インターネットからのご予約は出発日の7日前まで、電話からのご予約は出発日の4日前まで受け付けております。

お電話での予約・問い合わせ
TEL 0120-4082-49
受付:9:00~18:00
(日曜・祝日除く)

郵便振込のご案内(PDF)

さくらんぼイメージ
(画像提供:フォトライブラリー)
双松バラ園イメージ
(画像提供:南陽市)